浮気裁判で有効になる証拠とは? 離婚を本気で考えているなら読んでほしい証拠の見つけ方

せっかく浮気の証拠を見つけても、それが裁判で有効になるかは別になります。

例えば、夫が浮気相手とキスをしていた証拠があっても裁判では証拠としては使えません。

裁判では不貞行為(性交渉したかどうか)が一番のポイントで、キスをしていた、腕組みをしていた、では勝つことが難しくなります。

しかし性交渉をしている瞬間を撮影することはとても難しいですよね。そのため裁判では「状況からして不貞行為をしただろう」という証拠も有効になります。ここではどんなものが裁判の際に有効であるかをご説明します。

スポンサーリンク

ラブホテルに出入りする場面を記録する

一般的な旅館やホテルと違い、ラブホテルは男女がセックスをする場所として認識されています。

ラブホテルを利用することは不貞行為以外には考えにくく、証拠として非常に有効です。

旅館、ビジネスホテルに出入りする場面を記録する

旅館やビジネスホテルは仕事として使われることも多いため、例え夫と浮気相手が利用していたとしても仕事だった、と言い訳される可能性があります。

しかし、これらの施設に入る前に夫と浮気相手がキスを交わしていたり、腕を組んでいる場面が確認できれば、それは一般的に見て「仕事上の関係」とはいえません。

その流れでこれらの施設に入る場面を押さえることができれば不貞行為を示す証拠としては価値の高いものになると思われます。

浮気相手自宅に出入りする場面を記録する

浮気相手宅に上がり込んでいれば当然浮気でしょ?っと思うかもしれませんが、両者の関係が仕事の上司、部下だったりするとやはり証拠としては弱くなります。

しかし先程の旅館、ビジネスホテルへの出入りと同じく腕を組んでいた、キスをしていたという証拠があり、その後に浮気相手の自宅に上がったとなれば証拠として価値が高いものになるでしょう。

重要なのは滞在時間と回数

例えラブホテルに入った、浮気相手の家に入ったとしても、5分程度で出てきては不貞行為があったとは言えません。

そのため不貞行為があったと証明するためには最低でも2つのポイントが必要です。

・入る場面と出る場面の2つが必要

・2,3時間の滞在時間

ラブホテルに入る場面だけだと「入ってすぐ出た」という言い訳が出来てしまいます。

また更に浮気の慰謝料を多く取るなら1回だけでなく、間隔を空けて複数回の証拠を用意しましょう。長期間に渡って浮気をしていた、という証拠になるので、裁判で有利に立つことが出来ます。

調査は自分でせず、探偵を雇いましょう

浮気相手はわかっているし、どこで会うかもわかっている。探偵に依頼するとお金もかかるし、友達と自分で尾行し動かぬ証拠を撮影してやる!

それに浮気調査って響きは、なんだかちょっとワクワクしますよね。

その行動力は素晴らしいですし、浮気の証拠を自分で手に入れられれば当然お金もかかりません。

しかし、探偵を使えばより確実に証拠を得られる可能性が高くなります。

ホテルの出入りの写真を撮ってやる!でも、ホテルの入口や浮気相手の家の近くに同じ車が駐車していたら怪しいですよね?

遠くに止めたら顔をはっきり写すことは難しいですよね?浮気の決定的瞬間のために高いカメラを購入しますか?買ったとしても、使いこなせますか?

もし調査していることがバレたらどうしますか?間違いなく夫は警戒してしっぽを出さないようになるでしょう。もしその時になってから探偵を雇ったとしても、夫も警戒しているため、どんなに優秀な探偵でも裁判で有効な証拠をつかむのは難しくなるでしょう。

探偵は沢山の浮気調査をしており、ばれないためのノウハウがたくさんあります

探偵が調査をする時は何人も調査員を入れ替えたり、服を着替えたりするなど怪しまれないように様々な配慮をしています。

車も長期間同じ場所にとめても怪しまれない配送トラックに偽装した車を用意する、夜でもはっきり映るカメラを用意するなど、バレないための様々な機器を用意しています。

たしかに探偵に頼むのは高いです。場合によって何百万もかかる場合もあります。

しかし自分で浮気調査を行って失敗した場合、取り返しがつかないことになってしまうリスクを考えると、探偵に頼んだほうが結果的に安く収まるのです。

あなたを裏切る夫から慰謝料を手に入れ、新しい生活を始めませんか?

でも離婚した後のことが心配、そもそも裁判ってどうすればいいの?

そう思ったらまずはALG東京探偵社無料相談してもらいましょう。

ALG東京探偵社は弁護士が設立した探偵事務所なので、裁判でより有利に進めていくための有効な証拠がどのようなものかよくわかっていますし、アフターフォローもしっかりしています。

ALG東京探偵社に無料相談するならここをクリック!
スポンサーリンク

フォローする