愚痴を聞いてほしい!でも相手がいない、そんなあなたにお勧めしたいサービスとは

メンタルケア

現代は空前絶後のストレス社会です。

旦那の浮気癖や育児への無関心にイラ立ち、ご近所の困ったさんから文句を言われて、限界だと感じている人も少なくなでしょう。

 

溜まったストレスを吐き出さないと、心と体の調子がどんどん悪くなってしまいます。

 

愚痴を言える場所が少ない人は、アプリやネット上のサービスを使ってみることをおすすめします。

対面で愚痴を吐くには聞いてくれる相手が必要ですし、ネット上であれば気を遣わずに愚痴を吐けてストレスを解消できるのがメリット。

 

イライラした時に話を聞いてくれる人がいるということだけで、心が救われることもあります。

ギリギリまでストレスを溜めて爆発しないように、使えるものは上手に使っていきましょう。

この記事では愚痴を言うのに使えるアプリやインターネットを紹介するので使ってみてくださいね。

愚痴をネットに吐き出したいときは

ストレスが溜まってきて限界だと感じている人は、インターネットで「愚痴 掲示板」などと検索してみてください。

愚痴専用の掲示板がたくさんヒットしますよね。

最近の愚痴掲示板はスタンプを使って気持ちを表現しやすくなっているものや、1日で愚痴が削除されていくものなど種類も豊富。

インターネットの場合、24時間365日、いつでもどこでもお金をかけずに愚痴を書き込めるのが特徴。

そんな中でも特におすすめできるサービスを紹介します。

twitterで愚痴アカウントを作り愚痴をつぶやく

twitter

昔にはない愚痴を吐き出す場所として挙げられるのが、SNSを使った愚痴吐きです。

SNSだと相手の顔が見えないので、愚痴を吐く際の精神的なハードルも低く対面であれば絶対に言えない過激なことも言えるのが特徴。

 

そんなSNSでの愚痴に特に使われているのがTwitterです。

1つのつぶやきに対し、144文字し書き込めないのがデメリットですが、スマホからいつでもストレスが溜まった時に感情をぶちまけることができ、お金もかからないため一番手軽と言えるツールでしょう。

 

しかし、twitterで愚痴を投稿する時には注意が必要なことも。

twitterは日記ではなく、全世界の人が見ることができるツールです。

自分が書き込んで発信した愚痴は不特定多数の人に届くことを忘れないでおきましょう。

失礼なリプライや出会いを目的としたDMが届いたり、夫や友人に知られてしまう可能もあるため、心配であれば鍵付きの非公開アカウントに設定しておきましょう。

5ちゃんねる生活板で愚痴を吐き出す

匿名の掲示板サービスとして日本で最も有名なものと言えば「5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)」ではないでしょうか。

インターネット黎明期からオタク文化を支えてきた「5ちゃんねる」には様々なテーマの板があり、愚痴を吐く板として「生活板」が知られています。

生活板では、生活の中で感じるあらゆることに対する愚痴が吐き出されているため、自分が今イライラしていることにぴったりのスレッドが見つかることでしょう。

 

twitterは初めてすぐはフォロワーが少ないため、リプライもイイネもそれほどつきません。

しかし5ちゃんねるの場合は様々な人がその板を見ているため、何らかの反応があるのが嬉しいですね。

書き込みの内容もtwitterよりも匿名性が高いこともあり、かなり過激な愚痴も気兼ねなくストレスをぶちまけられる点も特徴と言えそうです。

掲示板で愚痴を吐き出したいなら、1回は覗いてみたいですね。

妻に人気の旦那デスノート

twitter、2ちゃんねるでも言えない、さらに過激な愚痴をこぼしたいなら「旦那デスノート」もおすすめです。

書き込まれている内容はなんと、「旦那の死を願う」愚痴。

浮気や生活面でのストレスなど、旦那にイライラを感じ続けている妻たちが、溜まりに溜まったストレスを吐き出しているのです。

 

旦那デスノートに書き込まれている内容は、世の男性が見たら恐怖を感じるようなハードな内容です。

女性同士でもなかなか会話の中では言えないような内容が多いため、ネット上で匿名のまま吐き出せることが人気を集めています。

 

恐ろしいのが、旦那デスノートの利用者数は月間で10万人をはるかに超えていること。

それだけ旦那にイラだっている女性は多く、生活の不満を吐き出して心の均衡を保つ必要があるのですね。

電話で愚痴を話すサービス

インターネットでの書き込みは基本的に一方通行なことが多く、また、文字で気持ちを伝えるのが苦手な人もいるのではないでしょうか。

また、愚痴を吐きだす時には、相手の反応がないからこそ安心して言えると考える人と、聞いてくれる人がいるからこそストレス解消できると感じる人がいますね。

 

文字で書き込む掲示板サービスやtwitterは読んだ人の反応がわかりませんので、人間に話を聞いてもらいたい人には向いていません。

そんな人は、電話で愚痴を聞いてくれるサービスを利用してみましょう。

電話の場合、インターネット掲示板のように無料でというわけにはいきませんが、目安として10分300円くらいから愚痴を聞いてくれるサービスが多いようです。

 

ここでは電話で愚痴を聞いてくれるサービスの中でも特におすすめできるサービスをご紹介します。

ココナラで愚痴聞き職人に出会おう

最近テレビCMでも人気のサービス「ココナラ」はスキルを売り買いできるのが特徴です。

様々なスキルが販売されていますが、最近「愚痴聞き・話し相手」のカテゴリーができました。

リーズナブルに愚痴を聞いてもらえるので、何だかむしゃくしゃして、誰かに話を聞いてもらいたい時にはうってつけのサービスなのです。

 

しかも「ココナラ」なら、電話だけでなくメール形式が選べるのも嬉しいですね。

自分のニーズに合わせて選べるので、溜まった愚痴を上手に吐きだして効果的にストレスを解消できます。

 

「愚痴聞き・話し相手」カテゴリーを覗いてみると、たくさんの販売者がいることに気付くでしょう。

値段や内容も様々なので、一人一人のニーズを満たしてくれる「愚痴聞き職人」が必ずいるはずですよ。

LINEですぐにできるトーク占い

最新の愚痴聞きサービスとして人気が出てきているのがLINEの「トーク占い」です。

LINEのトークや電話を使って悩み事を相談できる機能で、電話番号を伝える必要のない安心感も人気の理由の一つになっています。

 

悩み事を相談すると占ってくれる仕組みですが、悩み事について話していく際には愚痴が含まれることもほとんど。

愚痴も優しく聞いてくれる占い師さんも多く、「誰かに話を聞いてもらいたい」と感じた時に利用している人もいるみたいです。

在籍している占い師さんは1000人を超えていて、自分の希望に合わせて相手を選べるのも特徴と言えるでしょう。

 

ほとんどの人がLINEを使っている時代になったので、トーク占いはこれからますます人気が出てくるサービスかもしれません。

料金は高いけどハイレベルな電話占い

ココナラなどに比べて値段は高いものの、質の高い占い師に相談できるのが電話占いヴェルニです。

基本的には電話で占い師に相談するだけですが、相談可能な内容が多岐にわたっていて、相手も慣れているのが特徴。

人間関係や金銭関係の悩みはもちろん、男女関係や職場関係など、あらゆるストレス要因について相談できるので、愚痴を聞いてもらう場としても質が高いと言えるでしょう。

 

各種の占いに精通した占い師さんからアドバイスがもらえるので、愚痴を聞いてもらってストレスを解消できるだけではなく、今後の指針が得られるのもポイントです。

 

自分がどのような悩みと愚痴を抱えているかを考えて、上手に使っていきましょう。

まとめ

現代人の多くは自分では処理しきれないほどのストレスを抱えています。

明るく生きていきたいのに、友達や家族に愚痴ばかり話して自己嫌悪に陥る人も少なくないでしょう。

そんな時は、自分の実生活とは無関係な人に愚痴を聞いてもらったり、掲示板などに書き込んだりすることでストレスを解消するのがおすすめです。

 

溜まり続けたストレスを少しずつ解消していくことで、普段の生活も良いリズムで回り始めることが実感できるでしょう。