悪用厳禁!googleマップのタイムラインを活用した浮気調査

浮気調査

最近では、若者だけでなく幅広い年齢の方が利用している「googleマップ」。

方向音痴な方でもわかりやすく道を案内してくれるので、多くの方から利用されているアプリの一つ一つだと思います。

そんな「googleマップ」には、タイムラインという機能が付いているのを知っていますか?

タイムラインという機能は、そのスマホの持ち主がどこに行っていたかを記録するためのものなのです。

つまり、GPSロガーのような機能があるということですね。

この機能を使えば、自分だけでなく相手の情報もわかるため、久しぶりに会った友人などに過去いった旅行の話をする際や道を教えてあげる時にも便利です。

 

そんな高機能がついたgoogleマップ、最近では浮気調査にこのタイムラインの機能を有効利用している方がたくさんいらっしゃいます。

旦那様に見つからないように、こっそりこの機能を使えばどこで何をしていたかわかってしまうので、かなりの効果が期待されることでしょう。

この記事では、googleマップのタイムラインを使って浮気調査をする方法をお伝えしたいと思います。

googleマップのタイムラインの設定方法

大前提として、夫のスマホにgoogleマップがインストールされていなければ、タイムラインは使えません。

まずはgoogleマップをインストールしてもらいましょう。

自分でインストールするとばれる可能性があるので、googleマップを使わせてほしい、ばあってりーがなくなりそうなので確認してほしいとお願いするといいでしょう。

夫のスマホにgoogleマップがインストール出来たらライムラインの設定をしましょう。

iphoneのタイムラインの設定方法

iPhone または iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。

まずはメニューを開いて「設定」ボタンをタップ。

「個人的なコンテンツ」という場所をタップしてスクロールすると下の方に現在地を設定する「現在地設定」というものが出てきます。

「位置情報サービスがオン」の状態であればOKです。

もし、位置情報サービスがオン担っていない場合に関しては「常に許可」されている状態に設定し直しましょう。

androidのタイムラインの設定方法

Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。

まずはアプリを開き、メニューから「タイムライン」をタップしましょう。

そのあとに設定をタップして「現在地がON」の状態へ。この時に現在地がオンになっていなければ、オンにしましょう。

この時、「ロケーション履歴がオンになっています」と表示されればタイムラインが使えるようになりますので、しっかりと確認しましょう。

その表示が見当たらない場合は、ロケーション履歴からオンにする作業をしてください。

パソコンからでは、タイムラインを設定することはできません。

ただし、ロケーション履歴を見ることはできるので安心です。

タイムラインをどのタイミングで設定するか

どのタイミングでこの設定を行うかは、それぞれの生活環境にもよりますが、とにかくスマートフォンを手に入れて作業できる環境を作ることが重要になってきます。

自分がガラケーなのであれば、スマホの旦那を借りてgoogleマップを使うことに抵抗はないかと思いますが、お互いがスマートフォンの場合はうまい理由を作らなければいけません。

次は、どのようにして旦那様のスマホを自分の手元に用意して、タイムラインを設定することができるのかをご紹介していきたいと思います。

買い替えるから使い勝手を試させてほしい

自分が持っているスマートフォンと旦那様のスマートフォンが違う機種の場合に使えるパターンですね。

自分のスマートフォンの調子が悪い、もしくは古くて作業が遅かったり、電池の減りも早くて困っていることを盛大にアピールして、同じスマートフォンにしようか検討していると話してみましょう。

そして触らせてもらうタイミングでこっそり設定するのです。

どちらかがiPhoneで、どちらかがandroidならなお自然な流れができると思います。

一緒に行った場所を共有したい

2つ目の案としては「一緒に行ったスポットをお互いに確認したい」とお願いしてみる方法です。

googleマップのアプリには、自分の気にいった場所を保存しておいて相手と共有できるという機能が付いています。

この機能の説明をして、ぜひ使ってみたい!と設定画面まで開いてもらうのがベストです。

「あとはやってみるね」と色々な作業をしているうちに先ほどのタイムラインの設定ができればこちらのものですね。

ここで気をつけたいのが、自分のスマートフォンの設定についてです。

位置情報が相手にもわかってしまうことにもなりかねないので自分のスマートフォンの設定は位置情報がオフになっていることを確認してください。

寝ているときや入浴中に設定する

3つ目の案としては「寝ている時やお風呂中などの隙に設定する」ことです。

旦那様のスマートフォンのパスワードはご存知ですか?もし相手のパスワードがわかれば、相手の見ていない一瞬の隙に作業をすることが可能です。

 

このような方法で、タイムラインの設定を頑張ってみましょう。

設定が完了したら、次は設定したタイムラインの確認についてです。

タイムラインの履歴(ロケーション履歴)はどうやって確認すればいい?

タイムラインの履歴、ロケーション履歴などの確認作業はいつすればバレずに見ることができるのかをご説明します。

旦那のスマホから確認する

まずは、やはり旦那様のスマートフォンから見る方法です。

先程ご紹介した設定をするときに使った言い方でも構いません。

googleマップを使わせてもらったり、相手のいない隙を狙って覗いてみるのがいいと思います。

自分のスマホから確認する

また、この機能ですが、自分のスマートフォンからも確認をすることができるんです。

旦那様のgoogleマップのアカウント情報が必要にはなりますが、この方法ならいつでもチェックすることができます。

PCから確認する

タイムラインの設定はパソコンからできませんが、確認作業だけなら可能です。

パソコン上でgoogleマップを開いてGoogleのアカウントでログイン。

そして、左上にあるメニューをクリックしてタイムラインのページを開きます。

表示したい日付を選択して、上部で日付などを選べばロケーション履歴を見ることが可能です。

しかし、パソコンとスマホのgoogleマップのアカウントを同じものにする必要があります。

違っている場合はスマートフォンのアカウントに合わせて設定し直しましょう。

ロケーション履歴はどんな情報を入手できる?

「ロケーション履歴」は過去に行ったタイムラインの履歴のことです。そのためタイムラインとはまた違った情報を得ることができます。

行ったお店やその場所、どのくらいその場所にいたのかという時間、さらにはどうやってそこまで行ったのかという経路だったりそこで撮った写真なども確認することができます。

しかも、ロケーション履歴は確認したい日付を設定できるので、その日一日の行動を把握できます。

ロケーション履歴の機能はgoogleが2009年からサービスを開始しているため、ずっと同じスマートフォンやアカウントを使っている人の中には10年前の記録も残っている人もいるようです。

googleフォトも同時に使っている場合、写真をバックアップしている方であれば写真なども過去に遡って見ることができますよ。

ロケーション履歴の有効利用方法

このロケーション履歴を上手に使うと、浮気調査でかなり威力を発揮します。

有効な利用方法を見ていきましょう。

浮気をする日時がパターン化できる

まずは、平日、仕事が終わった後の行動パターンをチェックしてみましょう。

通常であればそのまま家に帰るルート、もしくはコンビニや飲み会など、寄り道をしている場合もあると思います。

しかし、浮気をしている人であれば、行動パターンも変わってきますよね。

仕事が終わり、住宅街に立ち寄った記録があったり、数時間同じ場所に滞在している記録があれば
浮気の可能性は高くなりますよね。

自分が聞いていた予定とは違う場所に行っている形跡があったり、全く知らない場所に行った記録があれば、浮気を疑ってもいいと思います。

現場を抑えられる

また、ロケーション履歴を使ってその現場を抑えられることも。

履歴を見ていて、自分のよく知らない場所にいる様子が確認できたらgoogleアプリの検索機能を使います。

その周辺にラブホテルなどはありませんか?

高速のインターチェンジの近くだったり、住宅の少ない山の中、もしくは繁華街から少し外れた場所などはラブホテルの多い地域になっています。

こういった場所で2時間以上動かないような形跡があれば、浮気の可能性はさらに高くなります。

探偵に依頼するとき効率的な調査ができる

ここまでは自分自身で調べる際に利用出来る内容でしたが、実は探偵に依頼するようなことになったとしてもこのロケーション履歴はとても効率的に使うことができますよ。

いつ、どこで何をしていたかというデータは、探偵に依頼する際に最も重要な情報となります。

浮気相手と会っている際に、自分にはどういった内容で嘘をつかれていたか、そして写真を見ればその際にどういった服を着ていたかという情報も探偵の方に伝えることができ、とても役に立つんです。

このような情報は、普段の生活をして過ごしているだけでは忘れてしまったり、証拠にならなかったりしますよね。

その結果、探偵を雇う日数が増え、その分お金もかかります。

さらに、長期的に調査を続けていると、相手に気づかれる可能性もありますよね。

こういったこと避けるためにも、ロケーション履歴は気づいた時にスクリーンショットを保存しておいたり、自分のスマートフォンに記録を残しておくことが大切になってきます。

タイムラインを使うときの注意点

不正アクセス禁止法に接する可能性

はじめにご紹介した「タイムライン」に関しては「不正アクセス禁止法」に接する可能性があります。

自分のものではないパソコン、もしくはスマートフォンに許可なくアクセスしてしまうと、「不正アクセス禁止法」に触れてしまうことも。

googleマップのタイムラインを使って、過去の居場所や浮気の証拠を相手に突きつけると、逆に訴えられてしまうことになりかねませんので、使用する際には十分注意してください。

警戒心が強くなる

ロケーション履歴の証拠をもとに、夫を問い詰めてしまうと当然ですが相手に浮気を疑われているという警戒心が高まってしまいます。

そうなればスマートフォンを会社に置いて持ち歩かないようになったり電源を落とした状態で置いておくなどという対策をされてしまうことも。

そういった行動をされては、浮気調査は進展が難しいです。

怪しんだりするような行動は避けましょう。

履歴だけでは浮気の証拠として認められない

また、履歴を使って浮気を問い詰めたとしても、裁判では証拠として認められない、というのも頭に入れておきましょう。

ラブホテルや温泉などでの1泊旅行の履歴を発見し、「これは何?」と浮気を問い詰めたところで、不貞行為をしていたという証拠にはならないんです。

法的に浮気を認めさせるには、必ず「不貞行為の証拠」を用意しなければいけないのを覚えていてください。

関連記事

離婚した後の不安・心配を取り除くための5つの方法

【2019年度版】浮気調査のオススメ探偵事務所

離婚するまでの生活費はどうすればいい?婚姻費用の請求方法ともらえる金額