GPS発信機を使った浮気調査の方法を解説します

浮気調査

配偶者が浮気をしているかもしれない。そう思った時、あなたならどうしますか?

まず考えるのは浮気の証拠集めだと思いますが、その中でも特に多いのはGPS発信機を使った夫の位置情報の把握です。

しかしGPSを利用して配偶者の行動や居場所を把握し、浮気の証拠を集めることができても、はたしてそれは裁判になっても浮気の証拠として使えるものなのか、また、どのようなGPS発信機を使えばいいかわからないと思います。

ここでは、GPS発信機の種類、メリットやデメリット、使用する時の注意点などをご紹介しながら、GPSのデータが証拠になるかどうかについてもご説明します。

 

ひとりで浮気調査をしようと考えている人、誰にも相談できずに悩んでいる人がおられたら、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

GPSは比較的簡単に使用できますが、中には違法行為にあたる行動もあるため注意が必要です。最後まで記事を読んでくださいね。

リアルタイム型GPSとロガー型GPSの違いを把握し最適なGPSを選ぶ

GPS機器と一言で言っても、一般的には2種類のGPSがあります。

ひとつは「リアルタイム型」で、製品の本体で受信したGPSの内容を常に発信しており、現在の場所をリアルタイムで確認ができます。

もうひとつは「ロガー型」で記録型とも言われています。

これは、製品本体にGPSの履歴が記憶されるため、後からデータをチェックして過去の行動が確認するものです。

リアルタイム型とロガー型、メリットとデメリットがそれぞれあるため、どんな浮気調査をしたいかによって使い分ける必要があります。

果たして、あなたが浮気の調査として使用するには、どちらのタイプが向いているでしょうか。

リアルタイム型GPSの特徴

リアルタイム型はアルタイムで居場所の確認ができるタイプで、パソコンやスマホ、タブレットなどの端末でリアルタイムの位置情報をチェックすることができます。

今どこにいるのかを瞬時に分かるのが、浮気調査においてはかなりメリットがあります。

例えば、浮気相手の家やマンションに突入したい、夫を尾行したいというときですね。

写真や動画撮影ができるため、浮気の証拠集めに使えます。

一方、デメリットは費用と追跡可能時間です。

リアルタイム型は機器からずっと電波を飛ばす必要があるため、機器代金の他に通信事業会社との契約金が月々発生します。

機器をレンタルすることも可能ですが、レンタル代の相場は1日5,000円ほど。

長期間レンタルの割引もありますが、1週間だと25,000円、1ヶ月レンタルすると50,000円ほどの費用がかかります。

また、リアルタイムで電波を飛ばすため、バッテリーの消費が大きくすぐに電池が切れてしまうこと、その欠点を補うために大型になってしまうことです。

ロガー型GPSの特徴

一方、ロガー型は現在の位置情報を記録することで居場所や移動の履歴を後からたどることができます。

リアルタイム型と異なり電波を放出せず、バッテリーも小型なため機器の代金が安く上がり、通信料がかかりません。

ネット通販などでも購入でき、5,000円から10,000円ほどで手軽に買うことができるのもメリットです。

デメリットとしては、相手の居場所をリアルタイムで確認することができないため、浮気の現場に突撃したり、直接証拠を集めることはできません。

移動したデータから何曜日、何時頃、どこでどういった言い訳をして浮気をしている。

こういった情報を集めれば、浮気相手や浮気する日時や場所などを推測する、といった使い方ができるでしょう。

GPS発信機を使う時に注意したい5つのポイント

もしGPSを実際に使うときは、絶対にばれないようにしなくてはなりません。

ばれないようにするには下記の5ポイントを注意しましょう。

GPSは車やバイクなどの目立たない場所に仕掛ける

GPS発信機はスーツやカバンに取り付けることもできますが、バレる可能性が高いです。

おすすめは車やバイクですが、取り付け場所を注意しないとバレてしまったり、外れてしまうこともあるためしっかりと固定する必要があります。

GPSの取り外しが簡単な場所に仕掛ける

また、GPSは取り付ける場所だけでなく、取り外すことが簡単であることも重要なポイントです。

なぜなら、GPSを使った調査が一回で成功することはほとんどないからです。

浮気調査を成功させるためには、GPSのバッテリーを頻繁に充電し、なんども調査する必要があります。

そのため、GPSの取り外しが容易にできる場所に仕掛けることは重要なのです。

GPSのバッテリーが何時間持つか確認しておく

見落としがちなことですが、バッテリーの容量の確認も必須です。

せっかくうまく取り付けられても、途中でバッテリーが切れてしまっては無意味になってしまいます。

バッテリーの稼働時間をチェックし、必要であればモバイルバッテリーなどでUSB給電をするなどの対策をしましょう。

GPSの使い方を熟知しておく

実際に使う前に、操作方法をしっかりと把握することは大切です。

せっかくGPSを付けたのに電源がONになってなかった、調査中に予期せぬ音が出てしまってバレてしまった、手持ちのスマホではGPSの情報を引き出せなかったなど、せっかくGPSを手に入れても徒労に終わってしまいます。

GPSが正常に動作するかテストしておく

使い方を確認すると同時に、動作が正常かどうかもチェックしましょう。

また自分で使ってみることで、そのGPSがどのくらい精度が高いのか、どのくらいバッテリーが持つのか、どのように解析できるのかといったことがわかるようになります。

GPS発信器の取り付けはどこにすればいい?

普段から自動車を使っている人であれば、車に取り付けるのが一般的で、取り付けも比較的簡単です。

車を使わない人であれば、バイクや自転車に付けるという方法もありますが、取り付けが難しいのが難点です。

また、移動手段が徒歩や交通機関である人には、衣類もしくはカバンなどの持ち物に取り付けることになります。

どの場合もですが、GPSが相手に気付かれてしまっては意味がありません。見つからない場所に取り付けることが重要です。同時に、取り付けているところも見られないように気を付けましょう。

GPS設置のおすすめの場所

GPSを取り付けるのにおすすめなのが、自動車です。

自動車の底部、バンパー付近であれば取り付け、取り外しが比較的簡単でおすすめです。

ただし、マフラーやラジエーターなど車の中でも高温になる場所はGPSの故障につながってしまったり、接着力が弱まり外れてしまう可能性が高くなるため避けましょう。

バイクであれば、タンクやシート、ステップの下などが取りつけやすい場所としてあげられますが、バイクは車と違って振動が大きく落ちやすいのがデメリットです。

また、バイクはGPSを隠すのが難しく、バイク好きな人ならGPSの存在にすぐに気が付いてしまいます。

GPS設置のおすすめできない場所

もし車やバイクがなければ相手の衣服に取り付けるしか方法がありません。

衣服に取り付ける場合、スーツの内ポケットに縫い付けたり、裏地の中に入れたりといった方法がありますが、よほど厚手のジャケットでない限りすぐに違和感でバレてしまうでしょう。

そのため、GPSを取り付けるなら衣服ではなく、カバンがおすすめです。

仕切りやポケットにも入れることができますが、おすすめは底板の下です。

底板の下にテープなどで固定しておけば見つける可能性が低くなります。

浮気調査にGPSを使うと違法行為ではないのか?

不正指令電磁的記録供用に該当することも

もしあなたが配偶者の車にGPS発信機を取り付けたとしても、それは違法行為ではありません。

配偶者の車は、あなたがた夫婦の共有財産であり、また、犯罪を未然に防ぐための処置であると認識することもできるからです。

同様に、配偶者の衣服やカバンなどにGPSを取り付けても法には触れません。

注意しなくてはならないのは、GPS発信機ではなく、GPS機能のあるスマホアプリを使った浮気調査です。

GPS機能のあるスマホアプリを利用する時には、相手のスマホにアプリをインストールしなくてはいけません。

アプリを勝手にインストールする行為、無断でログインすることは、たとえ家族であっても立派な犯罪行為。

もし将来離婚裁判となった時、不正な方法で入手した証拠は裁判で有効にならず、それどころが裁判官の心証が悪くなり慰謝料の減額につながります。

夫のスマホに勝手に浮気調査のアプリをインストールして浮気調査をすることはやめましょう。

関連記事

iphoneの位置情報サービスで夫の浮気調査ができる!「利用頻度の高い場所」を使った裏技!

悪用厳禁!googleマップのタイムラインを活用した浮気調査

プライバシー権の侵害に該当する

配偶者の車や持ち物にGPS発信機を取り付ける行為自体は違法ではありませんが、浮気相手や他人の車にGPSを取り付けたり、浮気相手の持ち物にGPSを仕込んだりすることは犯罪行為です。

プライバシー権の侵害になり、損害賠償の請求につながることもあります。

もし配偶者と別居している場合でも車は共有財産ですが、GPSが見つかった時にはプライバシー権の侵害やつきまといなど迷惑行為とみなされる可能性もあります。

相手に訴えられてしまうこともあるので、十分注意が必要です。

また、他人の車にGPSを取り付けるため、他人の敷地内やガレージなどに立ち入った場合は住居不法侵入となり、違法行為です。

前述しましたが、違法な方法を用いて入手した証拠は裁判で採用されません。

GPSの記録だけでは裁判では証拠としてみなされない

GPS発信機について色々とご説明しましたが、実はGPSの履歴情報だけでは裁判では浮気の証拠とみなされません。

例えば、GPSの履歴で数時間ラブホテルでの滞在が残っていたとしてもそれは裁判では証拠として扱われないのです。

浮気(不貞行為)の証拠とは、性的関係を持ったことが分かる、もしくはそうであると思われる状況のことで、実際に現場での写真や動画がないと証拠にはならないのです。

例えば、ラブホテルや浮気相手の自宅に出入りする写真、裸になっている二人の自撮り写真などが証拠になります。

GPSを使って位置情報を把握したら、現場に行き写真や動画を撮影することで証拠になります。

しかし、素人が行うと尾行がバレてしまうことも多いため、弁護士や探偵事務所に依頼するのもおすすめです。

浮気調査ならGPS発信機よりプロに任せよう

浮気調査をする時には、法律面やバレやすさなどを考えると素人が行うよりもプロにお任せした方がメリットが大きいです。

その理由として、まずプロであれば違法と合法の線引きがわかっているため、違法行為による証拠集めはしません。

尾行や張り込みを行うことで浮気現場をおさえます。

また、プロの探偵が収集した証拠は裁判でも有効になり、裁判になった場合は慰謝料をもらえる可能性も高まります。

そのためGPSである程度行動パターンや行先などもある程度把握できてから、そのデータをもとにプロの探偵に依頼するといいでしょう。

費用は発生しますが、法律的にも安全なため、安心してお任せすることができます。

ただし、探偵の選び方は注意が必要です。GPSを使用するなどの行為は違法ですので、そのような提案をしてくる探偵はNGといえます。

一人で悩まなくてもよくなる

また、プロの探偵や弁護士などに依頼した場合は、ひとりで悩む辛さからも解放されるというメリットがあります。

浮気の疑いなどの事情を話すうちに、あなたが抱える悩みも少しずつ和らぐ場合があるのです。

友達や知り合いには打ち明けられないことであっても、他人であれば言いにくいことであっても比較的打ち明けやすくなります。

相手の浮気を疑い、ひとりで証拠を集めていくうちに、精神的にどんどんと追い込められてしまう人も少なくありません。

正確な判断ができなくなったり、感情が抑えられなくなったりすることもあり、夫婦関係の溝がより深まってしまうことにもなりかねません。

配偶者の浮気についてひとりで悩むのではなく、一度専門の人に相談してみましょう。

見つかる心配がなくなる

もしGPS発信機を取り付けることになったとしても、まず取り付ける現場を見つかってしまえば元も子もありません。

さらに、取り付けた後もいつ見つかるか分からないという不安に悩まされるでしょう。GPSを回収する時にも注意が必要です。

配偶者の車にGPSを取り付けることは違法行為ではないとはいえ、やはり罪悪感を覚える人もいます。そのストレスから精神的に疲れたり追い詰められたりする人もいるようです。

その点プロに頼めば、信機の取り付けがバレたらどうしようという不安からは解放されます。精神的な苦痛も減少されるでしょう。

怪しまれない

あるいは、ひとりで浮気の証拠を集めるために色んな行動を起こしたとしても、それが相手にバレたらどうしようという不安が続きます。

GPSを取り付けたことで罪悪感を覚えてしまうと、あなたの日ごろの言動が不自然になる可能性も出てきます。
悪いことをしている、相手の秘密を暴こうとしているという罪悪感と、浮気の証拠を集めるためという理由にはさまれて、精神的に追い詰められてしまう人も少なくないのです。

さらに、精神的に過度なストレスにさらされ続けた場合、よりあなたの言動の不自然さが出やすくなります。浮気の証拠を集めるためにはある程度の期間が必要です。

プロに依頼してしまえば、ひとりで証拠を集めるストレスがなくなるため、配偶者からあなたの言動を怪しまれる可能性も低くなります。

確実な証拠を見つけることができる

プロに依頼をすると、より確実な証拠を素早く集めることができるというメリットもあります。

ひとりで浮気の調査を集めようとしても、知らないうちに違法行為に及んでしまう可能性もある上、やはり素人では収集にも限りがあり、時間もかかってしまいます。

また、GPSの解析にはパソコンやITの知識が必要になります。ITに弱い方であれば、GPSの情報を入手しても行動履歴を引き出せません。

浮気発覚後に裁判になる可能性も考えた場合、確実な証拠を集めておくことはとても重要なポイントです。

証拠がなければ、裁判では認められないからです。

もしプロに依頼する時には、その人が浮気現場の証拠集めに強いかどうか調べておいきましょう。

慰謝料請求を考える場合も、慰謝料請求に強い弁護士に依頼するといいでしょう。

まとめ・探偵に依頼して安心確実に証拠を手に入れよう

配偶者の浮気調査をする場合、自分でGPS発信機を購入したりレンタルしたりして取り付ける方法が手っ取り早いと言えますが、ご紹介したようにリアルタイム型でもロガー型でもデメリットがあります。

また同時に、ひとりで調査を行うとバレる可能性や調査中にかかるストレスなどが続き、精神的にも相当追い込まれてしまう人も多いのです。

浮気調査で大切なのは、裁判で認められる確実な証拠をなるべく多く集めることです。

素人が調査した場合、必死で証拠を集めても、それは裁判では認められないばかりか、かえって違法調査をしたことが不利になることもあります。

もし浮気調査をしたいと考えている人は、最初からプロに依頼することも考えた方がいいかもしれません。

もちろん、ひとりで調査するよりは費用がかかりますが、しっかりとした証拠が集める重要さを考えた場合はプロにお任せした方がいいといえるでしょう。

また、探偵に依頼した場合、証拠の収集だけでなくカウンセリングも行ってくれるところもあります。

もし精神的に疲れてしまっているのであれば、カウンセリングなどにも対応してくれる探偵を探してみましょう。

ひとりで悩まずに、専門家である探偵を頼ってみることで色んなことが解決します。費用も様々あるので、あなたに合ったところを見つけてください。

今なら原一探偵事務所に無料相談できます。

関連記事

iphoneの位置情報サービスで夫の浮気調査ができる!「利用頻度の高い場所」を使った裏技!

悪用厳禁!googleマップのタイムラインを活用した浮気調査