facebookで夫や浮気相手にアクセスすると足あとは残る?

浮気調査をしたいとおもったらまず最初に調べておきたいのはfacebookやtwitterといったSNSの情報です。

でも、足あと機能などで夫や浮気相手のアカウントにアクセスしたことがばれないか不安ですよね。

mixiでは足あと機能がありましたが、そのような機能はfacebookにはあるのでしょうか。

結論から言うと、facebookには足あと機能は存在しません。

以下、facebookの公式ホームページから抜粋しました。

 

Q.他人のタイムラインを見た場合、その人にそれがわかりますか。

A.いいえ。Facebookでは、プロフィールを見た利用者を追跡できません。外部アプリにもこの機能はありません。

他人のタイムラインを見た場合、その人にそれがわかりますか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook
いいえ。Facebookでは、プロフィールを見た利用者を追跡できません。外部アプリにもこの機能はありません。

 

Q.私のプロフィールを誰が表示したかわかりますか。

A.いいえ。Facebookでは、プロフィールを見た利用者を追跡できません。外部アプリにもこの機能はありません。

私のプロフィールを誰が表示したかわかりますか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook
いいえ。Facebookでは、プロフィールや投稿(写真など)を表示した利用者をトラッキングすることはできません。外部アプリでも追跡することはできません。

 

よって、浮気相手のタイムラインやプロフィールを見ても、浮気相手には知られることなく行動履歴を知ることができます。

ただし、facebookは友達探しを円滑化するために厄介な機能がついているので、その点を注意しなくてはなりません。

ここからは相手に自分のfacebookアカウントが気が付かれないために、どのようなことを注意すればいいかお伝えしたいと思います。

 

浮気相手をfacebookから調査したいときに注意したい事

連絡先のアップロードはしない

facebookを始めると最初に「連絡先のアップロードをしますか?」と聞かれます。

連絡先のアップロードに同意すると、スマートフォンにある連絡帳がすべてアップされ、自動でfacebook上の友達を調べてピックアップしてくれる便利な機能ですが、欠点としてはfacebookを始めたことを知られたくない相手にも伝わってしまうこと。

当然ですが、夫にもあなたがfacebookを始めたことが伝わってしまいます。

すると、夫が浮気相手とのやり取りをfacebookで行っている場合、浮気相手とのやり取りの証拠となるやり取りを削除されてしまう可能性があるのです。

もし浮気調査のためにfacebookを始めるなら連絡先をアップロードするのはやめましょう。

 

「知り合いかも」に表示されないようにする

facebookの便利な機能に「知り合いかも」という機能があります。

これは共通の友達がいるときにあなたに知り合いではないですか?と教えてくれる機能です。

具体的に説明すると、あなたのfacebookの友達にAさんとBさんがいたとします。

さらにAさんとBさんの共通の友達にCさんがいたとき、Cさんはあなたの知り合いではないですか?もし知り合いだったらCさんと友達になりませんか?と教えてくれるのです。

夫の友人や上司の動向から浮気相手のことが何かわかるかも?と思ってうっかり夫の関係者をフォローしてしまうと、夫の知り合いかも?に表示されてしまう恐れがあります。注意しましょう。

 

同様に、下記条件でも「知り合いかも」に表示されますので、扱いには注意しなくてはなりません。

・同じFacebookグループに参加している人、または同じ写真にタグ付けされている人。

・同じネットワーク(学校、大学、職場など)に所属する人。

・アップロードした連絡先でfacebookを使っている人

[知り合いかも]でおすすめされる人はどのようにして選ばれるのですか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook
「知り合いかも」は、Facebookで友達を見つけるのをサポートする機能です。「知り合いかも」でおすすめするのは、共通の友達を持つ人、同じFacebookグループに参加している人、同じ写真にタグ付けされている人などです。

 

 

浮気相手がわかってもブロックするのは危険

もしすでにあなたがアカウントを持っている場合、浮気相手をブロックすることで相手に「知り合いかも」から自分を表示させなくすることができます。

ブロックすると、あなたのプロフィールを見ること、友達になること、タイムラインを見ることができなくなります。

浮気相手がこちらの情報を知っている、というのは気持ち悪いもの。ついついブロックしたくなっちゃいますが、慌ててブロックするのはいけません。

相手がすでにあなたのfacebookアカウントの存在を知っていた場合、ブロックすると今まで見えていたタイムラインが見えなくなってしまい、相手を警戒させてしまうのです。

ブロックせずにあえていつも通り投稿し、普段通りの生活を続けて相手を油断させる駆け引きも時には必要ですね。

また、もし相手がこちらの事を知っていそうだったらあえて何らかの用事があることをfacebookに投稿し、夫が怪しい動き(突然の出張、飲み会など)をしていないか、帰宅したときに何らかの証拠を残していないかというふうに、エサをまくことにも使えますね。

 

facebookリアルな友人関係がわかりますので、浮気相手への復讐にも使えます。

便利なfacebook、使い方をマスターしておきたいところです。

コメント